教えてお義母さん!幼なじみカップルの新婚セックス教室 無料熟女同人 

アダルト同人作家の「いろまん」さんの「教えてお義母さん!幼なじみカップルの新婚セックス教室」という同人コミックです。
主役は、セックスに不慣れな新婚夫婦なんですが、実質40代の義母が主人公といっても過言でない活躍をしている熟女同人作品です。
DMM専売の同人漫画なので、当然ですがDMM同人R18でしか読むことができません。
この同人作品は、DMM同人の中でも大変人気があって、常に売上上位に顔をだしていますね。
トータル販売数が2000人を超えているので、すでに売れていますし、まだまだ売上もあがっていくんじゃないですかね。
オールカラーの同人漫画で67ページとボリューム満点ですから、熟女同人好きにはオススメですね。
色漫画好きの私としても評価できます。

「教えてお義母さん!幼なじみカップルの新婚セックス教室」の熟女同人漫画を無料で立ち読みできます。
パソコンでもタブレットでもスマホでも読むことができるのですが、
オススメ閲覧方法は、断然スマートフォンになります
スマホにより最適化されている熟女同人コミックです。

クリックで無料試し読み!
↓    ↓    ↓


この同人作品の真の主役といっていいのが、葉加瀬亜希子さん40歳です。
夫とは既に死別しており未亡人です。
この四十路熟女がとにかく魅力的でなんともいえずエロいおばさんなんですよね。
日本人女性らしい純和風の顔立ち、黒髪で清楚なイメージ、性的なこととは無縁のようにも見えます。
この葉加瀬亜希子さんが、義理の息子のにセックス指導してしまうのですからビックリ仰天ですね。
さすが二次元の世界です。
現実でこんな夢の様なことあるわけないですからね。
義理の息子にあたる野崎秀也に懇願されるかたちで、服を全て脱ぐ葉加瀬亜希子さん。
40歳とは思えないような綺麗なオッパイが顕になります。
熟れすぎてごめんなさい!とでも言っているかのような完熟おっぱいです。
世間一般でいう美巨乳とはまた違うんですが、熟女好きには垂涎の胸だと思います。
乳輪も乳首も小さくて、しかもサーモンピンク色ときてます。
普通の中年おばさんだと、使い込まれてドス黒くて臭そうな乳輪なんですけどね。
未亡人ということもあり、性交もやってなくて、あまり乳首を吸われてなかったんでしょうね。

クリックでサンプル熟女同人コミックをただ読みできます!
↓    ↓    ↓


教えてお義母さん!幼なじみカップルの新婚セックス教室  熟女同人好きとしてこれは評価できます

葉加瀬亜希子さん、実の娘がいるまえで、野崎秀也くんにフェラチオはじめちゃっています。
これも性教育の一貫のようなので、葉加瀬亜希子さんもとくに罪悪感をかんじていないようですね。
むしろ、新婚夫婦にとっていいことをしていあげている感覚なんでしょうね。
さすが、伊達に年齢を重ねているわけじゃなく、抜群にエロいフェラチオのやり方をしていますね。
ギンギンに反り返ったチンポを、ゆっくり丁寧におしゃぶりしています。
葉加瀬亜希子さん、おそらく久しぶりの男根なんじゃないですかね。
旦那さんが亡くなってから、初めての口淫の可能性もありそうです。
愛おしいようにペニスを見つめて、ペロペロと亀頭をつついてみたり、金玉や裏スジに長い舌を這わせたり、
ディープスロートフェラにバキュームフェラ、変幻自在のフェラのやり方を披露してくれます。
これも、娘にフェラチオの勉強をしてもらいたいからなんでしょうけどね。
「あなたのオチンチンなんだからね」とか娘に声をかけたりしています。
フェラの次は、いよいよセックスへと展開していきます。
野崎秀也くん童貞なのかは謎なのですが、なんか童貞くさいですね。
そうなると、奥さんより先に、義母で筆下ろしということになるんですが、さてどうなんでしょう。
「どこに挿れるのかわかるわね?」
大股でオマンコおっぴろげている葉加瀬亜希子さん、うっとりした熟年女性の表情が堪りませんね。
真面目そうなイメージの女性だったのに、いつのもにやらフェエロモン全開の女に変貌していますね。
やっぱりセックスする段階になると、どんな女性であっても発情してメスと化してしまうんでしょうね。
無修正同人ではないので、想像してみるしかないんですが、葉加瀬亜希子さんのオマンコはけっこうゴツイんじゃないでしょうかね。
多分、マン毛ボーボー、剛毛陰部だと予想します。
綺麗な女性ほど、アソコはグロマンってパターンよくあるじゃないですか。
マンコの匂いも熟女らしく臭かったりして。
酸味がきつそうな女性器、エロまんこなのは確実でしょう。
膣穴でチンポを溶かしてしまう勢いかも。

クリックで熟女同人作品を無料で読めます。
エロシーン満載です。
↓    ↓    ↓


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする